日々のシミ治療の風景を東京都日暮里からお届けします

menu

クリニックへシミをとりに行こう(運営:プラストクリニック東京)

デコルテ(胸)部分のたくさんある盛り上がったシミを取る方法

デコルテSK-01-before01

デコルテ付近の胸にたくさん盛り上がった茶色いシミができることがあります。
とくに日焼けをたくさんした方などはできやすいです。
屋外スポーツやマリンスポーツをされる方はデコルテのみならず背中にもたくさんできることがあります。
これは脂漏性角化症という盛り上がりのあるシミです。
綺麗にとるためにはコツが必要ですが、見た目で気になる場合は美容クリニックを受診されるとよいと思います。

脂漏性角化症の治療方法

・高周波治療
・炭酸ガスレーザー治療
・液体窒素療法
などあります。
施術後の炎症後の色素沈着をできるだけおこしたくないので美容クリニックでは高周波治療または炭酸ガスレーザー治療を行うことがほとんどだと思います。

デコルテ部分の多数の脂漏性角化症を取った症例紹介

今回ご紹介する方もまさにマリンスポーツをされている方です。

≪施術前≫
デコルテSK-01-before01
≪施術箇所≫
デコルテSK-01-before02
≪施術後 3ヶ月≫
デコルテSK-01-after3m
主に目立つシミのみを除去しました。
除去したシミはほとんどあとかたもなくなりました。
が、目立つものがなくなると残ったシミが気になるのもやはり現実ですね。
さらに取りたければ追加で取ることは可能です。

胸・デコルテの脂漏性角化症を取った時の経過

基本的には削る治療になりますので皮膚が覆うのに1週間~2週間くらいかかります。
皮膚が覆ったあとも1~3ヶ月くらいは赤みと色素沈着のクスミの色があります。
色素沈着は顔に比べて出やすいですが、施術方法でかなり防ぐことができます。
色素沈着が落ち着いた後はホクロとは違って微妙な陥没などもほぼ出ることはありません。

ご参考になれば幸いです。

関連記事